No Plastic

きちんと原状復帰をしよう|引っ越す前の日本の掟

賃貸物件を退去する

入居者の義務

リフォーム

アパートやマンションなど賃貸物件を退去する際に入居者は原状復帰義務を果たさなくてはなりません。
原状復帰とは、借りた時と同じ状態まで戻して部屋を返すという義務です。
復帰にかかる費用は入居者持ちになりますが、入居の際に支払った敷金があてがわれ、追加費用が発生したらそちらも支払うことになります。
使われなかった敷金は退去する際に手元に返還されるお金ですが、実はこの返還も合わせて原状復帰は賃貸物件を借りる上でのトラブルが多い問題になっています。
中でも一番の問題は、どこまで原状復帰する義務があるのかという点です。
ガイドラインでは通常の使用における経年変化や消耗は復帰させる必要はないとしています。
例えば家具の設置による黒ずみや跡、日照によるクロスや畳の色落ち、設備の劣化、ハウスクリーニングなどがあげられます。
通常の使用の範囲を理解することによって、本来は修繕する必要のない箇所が確認できます。
ただし契約内容が絶対となっているので、もしも敷金の返還はないと記載された契約書にサインしているのなら合意していると判断されて原状復帰の範囲に関わらず返金されることは難しいでしょう。
こうしたトラブルを避けるためには、入居の際に契約書の内容を把握して上で契約することが大切です。
また、敷金トラブルを避けるために、敷金なしの賃貸を探すことも考えましょう。
原状復帰は、自分が選定した業者を呼んで実行することもできます。
自分で選んだ業者なら、あらかじめじっくり検討することも可能ですし、料金の比較もできます。
事前に大家さんに原状復帰のために業者を呼ぶことを相談しておくことがポイントです。

火災により損傷した部屋

工具

賃貸物件で火災が起こると被害は建物全体へと拡大する危険性があります。
火災は失火責任法により失火者に重大な過失がない限り、巻き込まれた被害の損害賠償を火元へ請求することができないとしています。
もちろん自分が失火者になった場合も同様で、他入居者や建物所有者への損害を賠償する必要はありませんが、逆を言えば巻き込まれたことによる部屋の損害は自分で賠償しなくてはならないということでもあります。
これは原状復帰の義務に基づきます。
原状復帰は、原状を回復して賃貸人の部屋を返す賃借人の義務です。
法律上で定められていることなので、自分が起こした火災ではないから原状復帰はしないというわけにはいきません。
原状復帰の費用には敷金が充てられます。
部屋を借りる時に事前費用として敷金を支払っていない場合はお金を用意しなくてはなりません。
ただ、被害によっては敷金だけでは保証しきれない可能性もあり、そうなると追加費用が発生します。
さて、こうした賠償トラブルを避けるために火災保険への加入が勧められています。
賃貸の場合は家財保険と借家人賠償責任保険の2つに加入します。
家財保険は、所有の家財に対して補償される火災保険です。
そして特約として借者人賠償責任保険があり、原状復帰に必要な費用を補償してくれる火災保険です。
賃貸物件によっては契約時に加入が義務付けられていることが多いですが、強制加入になっていない場合は自ら探して加入しておきましょう。

それぞれのメリット

リフォーム

オフィスや店舗のためにテナントを賃貸していた場合、原状復帰をして借りる前の状態に戻してオーナーへと返却する必要があります。
また、マンションやアパートのオーナーの方も、入居者が退出した後、次の住人の迎える前に原状復帰をする必要があります。
この原状復帰を頼めるところは、建設会社や工務店、解体工事専門業者、それに原状復帰工事専門業者があります。
建設会社や工務店、幅広く現状復帰を請け負っており、管理会社が契約を結んでいる場合が多いです。
規模の大きい会社だと、比例するように大規模なリノベーションや修繕工事に強いという特徴を持っています。
しかし、工事は下請けにアウトソーシングをすることになるので、費用は高くなりがちです。
解体工事専門業者は仕事を受けると自ら工事を行うので、建設会社や工務店に比べると中間コストがかからず費用をおさえた原状復帰工事が可能です。
しかし、他の仕事もあるので忙しくなると工事までに期間を要すこともあります。
では原状復帰専門業者はどうなのかというと、原状復帰を自社の職人がするので工事の費用は低価格です。
くわえて、相談から実際の工事に移るまでのスピーディーな対応も原状復帰専門会社の特徴です。
原状復帰の作業は、複数の作業を一人でこなせる職人を抱え効率よく工事を行っています。
また、工事後のフォローが手厚いところも多く、新しく事務所や店舗が入居した後の電球の交換や水漏れや雨漏りなど、トラブルにも対応しているところがあります。

DIYを行う前に

工具

原状復帰に必要な工事を業者に依頼する際には、工事内容によって選ぶ業者を変える必要があります。たくさんの箇所の作業をする場合には総合リフォーム業者に、部分的な場合には大工やクロス業者のように、専門分野に特化した業者に依頼します。そうすることで、コストパフォーマンスの良い工事を行ってもらえます。

もっと読む

引っ越すときに必要なこと

作業員

不動産における原状復帰とは、住んでいた家を元の状態に戻すことです。場合によっては、原状復帰を自分で行う必要があります。工事完了までの流れは、依頼、確認、見積り、工事の順番です。サービス内容は、一般的な住宅環境であればほとんど対応してくれます。

もっと読む

少しでも費用を抑えるには

リフォーム

不動産屋さんなどが原状復帰を手配する際に、退去者は一方的に金額を提示され、その金額が高いか安いかも判断しにくいものです。こうした問題を避けるために、自分で業者を手配することも出来ます。自分で手配する際には、金額はもちろん、万が一に備えてアフター保証のしっかりしたところに依頼する必要があります。

もっと読む