No Plastic

きちんと原状復帰をしよう|引っ越す前の日本の掟

少しでも費用を抑えるには

自分で手配するメリット

リフォーム

賃貸物件を退去する際には、不動産屋さん立ち合いのもと最終チェックが行われます。
不動産屋さんなどは個々で原状復帰がどの程度なされているかを確認します。
この時に修復の必要性がある個所に関しては指摘されます。
基本的にこの時に指摘されないものに関しては、退去者に請求されることはありません。
場合によっては、後に修復必要個所をチェックするという旨の説明がある場合もあります。
ここで大きな修復が必要と指摘された場合、不動産屋さんなどの貸主が業者を手配して原状復帰が行われます。
大きな工事の場合、最初に預けた敷金だけでは足りない場合もありそうなると、トラブルに発展するケースもあるので日ごろから大切に使用することが大切です。
基本的には不動産屋さんなどが業者を手配しますが、不動産屋さんは自社グループや付き合いのある業者に依頼します。
相見積もりなどを取るケースは少なく言い値になりかねません。
自社グループなので安価に抑えられるケースもあれば上乗せして見積もりを作ることも出来るのです。
不動産屋さんなどが手配した業者に納得できない場合は退去者が自分で業者を探し出して原状復帰を行うことも可能です。
最近では、どういった工事を依頼したいかだけを通知することで複数の業者に、一括して見積もりを取れるようなサービスも存在します。
こうしたサービスは紹介した業者と契約することで業者からマージンが入ります。
当然この費用も契約金額に計上されています。
ですから少し高額になりかねませんが、それでも業者の言いなりになるよりは費用を抑えられるケースもあります。
上手に利用することで知識をつけたり費用を抑えることが出来るなどたくさんのメリットがあります。
こうしたサービスを上手に利用し、原状復帰を自分で手配することが出来ます。
ただ自分で手配する際にはアフター保証など施工後の品質保証もしっかり確認して契約することが必要です。

メンテナンスの重要性

作業員

最近はやりのリノベーション可能物件などを除いて、ほとんどの物件では退去時に原状復帰が必要になります。
部屋に手を加えてもよいという物件もありますが退去時に元に戻す必要があるのかないのかによっては、手の加え方も変わってきます。
入居者にとってはセンスのある空間を作ったとしても、貸主としては万人受けする物件を求めます。
空き部屋になるのを防ぐために、多くの人に受け入れられる部屋にしておきたいと考えるからです。
ですから、どんなにハイセンスな部屋だとしても、契約で原状復帰が必要と決められている場合には原状復帰を要求されます。
通常の使用の範囲で傷んだものや経年劣化などは原状復帰の必要性がありません。
契約時に退去時のクリーニングは入居者負担というようにそれぞれの部屋で決まりが定められている場合も多いので、不要なトラブルを避けるためにも入居時にしっかりと確認しておくことが大切です。
原状復帰が必要な場合でも、多くの物件では貸主側で必要な業者を手配し工事が行われます。
入居者には工事にかかった費用のうち入居者に起因する工事の部分の費用が請求されます。
中には、この費用を浮かせようと自分で原状復帰を行う人もいます。
しっかりとした技術があれば材料費だけで済むので安上りなのですが、場合によっては再度プロの職人による手直しが必要となることもあります。
そうなると自分で準備した材料費に加えて、工事費用を支払う必要があり結果として高額な費用になることも珍しくありません。
原状復帰する箇所にもよりますが業者に依頼すると安くても数万円の費用が掛かります。
水回りなど専門性が高くスキルの必要な工事だと数十万円になることもあります。
賃貸物件だからと雑に扱うのではなく、大切に使用し、日々の手入れを怠らず、定期的にメンテナンスを行うことでこうした数十万円という出費は防ぐことが出来ます。

入居者が見つかりやすく

リフォーム

入居者が退去すると、多くの場合はその賃貸住宅には様々な汚れがついています。
特に多いのはコンロの油汚れやトイレの黄ばみですが、これら以外にも家具を設置した跡やポスターを貼った跡などが残っていることもあります。
これらがあると、次の入居者が見つかりにくくなります。
あまりにも汚れていると、それだけでその賃貸住宅は、物件選びの候補から外されてしまうのです。
家賃を支払って住む以上、できるだけ快適に過ごせるきれいな場所が良いと希望することは、人として当然の心理と言えます。
しかし誰も入居しない状態が続くと、その間大家の収入は途絶えたり少なくなったりします。
さらに入居者募集の広告宣伝を繰り返すことになるので、その費用によって赤字となることもあるのです。
これを防ぐために多くの大家が、入居者の退去後にいち早く業者に原状復帰を依頼しています。
業者による原状復帰では、ハウスクリーニングとリフォーム工事とが行われます。
これにより汚れた部分はきれいに、古くなった部分は新しくなるので、その賃貸住宅の魅力や需要が高まることになるのです。
もちろん原状復帰には相応の費用がかかりますが、新しい入居者が見つかれば、礼金や家賃によって取り戻すことが可能です。
さらに広告宣伝による出費も、抑えることができるのです。
しかも原状復帰費用は、大家だけでなく以前の入居者も負担します。
汚れや劣化の原因を入居者が作っていた場合は、入居者が大部分を負担することになりますし、その分大家の負担は軽くなります。
このように原状復帰には、大家にとって非常に多くのメリットがあるのです。

DIYを行う前に

工具

原状復帰に必要な工事を業者に依頼する際には、工事内容によって選ぶ業者を変える必要があります。たくさんの箇所の作業をする場合には総合リフォーム業者に、部分的な場合には大工やクロス業者のように、専門分野に特化した業者に依頼します。そうすることで、コストパフォーマンスの良い工事を行ってもらえます。

もっと読む

引っ越すときに必要なこと

作業員

不動産における原状復帰とは、住んでいた家を元の状態に戻すことです。場合によっては、原状復帰を自分で行う必要があります。工事完了までの流れは、依頼、確認、見積り、工事の順番です。サービス内容は、一般的な住宅環境であればほとんど対応してくれます。

もっと読む

少しでも費用を抑えるには

リフォーム

不動産屋さんなどが原状復帰を手配する際に、退去者は一方的に金額を提示され、その金額が高いか安いかも判断しにくいものです。こうした問題を避けるために、自分で業者を手配することも出来ます。自分で手配する際には、金額はもちろん、万が一に備えてアフター保証のしっかりしたところに依頼する必要があります。

もっと読む