No Plastic

きちんと原状復帰をしよう|引っ越す前の日本の掟

引っ越すときに必要なこと

見積もりをきちんと確認する

作業員

賃貸物件に住んでいて新しい家に引っ越すときに、ポイントになるのが原状復帰です。
原状復帰とは、住んでいた家を住む前の状態に戻すことです。
一般的には借りる前に支払っている敷金から、原状復帰に必要な費用が差し引かれます。
経年劣化や普通の生活でできる損傷は問題ありません。
しかし住居者の不注意などによって生まれた損傷は、自分で復旧する必要がある可能性があります。
原状復帰を自分で行う場合、基本的に業者に依頼する必要があります。
現在原状復帰を行ってくれる業者はたくさんあり、その中からサービス内容や料金などを考慮して業者を選びます。
工事完了までの流れは、まず依頼することから始まります。
依頼すると担当者が復旧カ所の確認を行ってくれます。
その後見積りを出してくれるので、料金に納得すれば契約します。
工事の作業日は都合の良い日にちを選ぶことができ、業者によっては即日対応してくれることもあります。
工事が終われば代金を支払い、工事完了です。
サービス内容は業者によって違ってきますが、一般的な住居に関する内容であればほとんどの原状復帰を行ってくれます。
クロスや畳、ふすま、障子の張替えやエアコン洗浄、換気扇清掃、パーテーション撤去などが取り扱われているサービス内容です。
これらにかかる費用はそれぞれ違い、複数の箇所を依頼した場合は、合算した料金が最終的な支払料金になります。
また住居だけでなくオフィスの原状復帰を行ってくれる業者もあります。

満足の仕上がり

工具

賃貸物件における原状復帰とは、契約当初の状態で物件を受け渡す必要があるということです。
原状復帰の程度は、大家さんや契約内容によっても異なりますが、経年劣化を除く部分については、受け渡しの際にしっかりとチェックされることがあり、修理が必要な場合は、敷金以外にも費用を請求されることもあります。
そんなケースを防ぐためにも、原状復帰を行っている業者に清掃などを依頼することが大切です。
室内でタバコ吸っている人は、通常の使用よりも壁紙やクロスが汚れているので、専門の清掃が必要になります。
契約終了の際にそのままですと、クロスの張り替え等の費用を多く請求されることがあります。
プロに清掃依頼すれば、追加費用もかかることがないので安心して契約を終了することができます。
喫煙される方やペットを買われている方、小さなお子さんがいる方はとくに、退去の際の状態を気になる方は多いです。
原状復帰を行う業者は数多くありますが、どの業者がよいか迷ってしまいます。
インターネット上では、数社の中から見積もり比較を行うことができますので、価格だけでなく、仕事の丁寧さなどで選んでください。
引っ越しの前後は、新しい物件に関する所用も増えますので、受け渡し物件に関わる仕事は簡潔に済ませたいものです。
プロにお任せすることで、余分な費用の発生を防ぐだけでなく、自分の引っ越し作業を減らすことにもつながります。
ぜひ信頼できる業者に作業依頼してください。

経験の豊富さの重要性

リフォーム

住宅を退去するときに必要となる原状復帰ですが、生活している最中でも破損や水漏れなどのトラブルが発生したらすぐに対処することで、より少ない出費で抑えることが出来ます。
例えば、経年劣化による水道蛇口の水漏れが発生したとします。
経年劣化によるものなので、すぐに貸主に報告し、修理をしてもらえば貸主が修理費用を支払う必要があります。
しかし、これを放置し床などが水漏れにより腐食した場合の修理は、入居者にも原因があるとして、費用を請求されてしまうことがあります。
このように、入居中も常に住居の状態を最善に保つ必要があります。
その中で入居中でもトラブルが発生したら、すぐに対処することで、退去時の原状復帰工事を大幅に、軽度なものにすることが出来ます。
原状復帰を専門に扱っている業者というのは、珍しく多くの業者がリフォームなど幅広い業務のうちの一つとして請け負っています。
しかし、同じ住宅建築とはいえ、原状復帰には過去の経験がものを言います。
過去の経験や技術がしっかりしているところで契約すると、適正な契約金額を提示してくれます。
しかし、経験の少ない会社では施工中に想定外の事態が起こり、最終的に追加費用を請求されることが、しばしば発生します。
原状復帰する場所を解体してみたら、想定外の工事が必要になるというケースが多いのです。
住宅というのは、築年数や使用している材料によって、工法が全く異なるので必要な工法の経験や原状復帰工事の経験が豊富な業者に依頼することで、出費を抑えた優れた工事を依頼することが出来ます。

DIYを行う前に

工具

原状復帰に必要な工事を業者に依頼する際には、工事内容によって選ぶ業者を変える必要があります。たくさんの箇所の作業をする場合には総合リフォーム業者に、部分的な場合には大工やクロス業者のように、専門分野に特化した業者に依頼します。そうすることで、コストパフォーマンスの良い工事を行ってもらえます。

もっと読む

引っ越すときに必要なこと

作業員

不動産における原状復帰とは、住んでいた家を元の状態に戻すことです。場合によっては、原状復帰を自分で行う必要があります。工事完了までの流れは、依頼、確認、見積り、工事の順番です。サービス内容は、一般的な住宅環境であればほとんど対応してくれます。

もっと読む

少しでも費用を抑えるには

リフォーム

不動産屋さんなどが原状復帰を手配する際に、退去者は一方的に金額を提示され、その金額が高いか安いかも判断しにくいものです。こうした問題を避けるために、自分で業者を手配することも出来ます。自分で手配する際には、金額はもちろん、万が一に備えてアフター保証のしっかりしたところに依頼する必要があります。

もっと読む