No Plastic

きちんと原状復帰をしよう|引っ越す前の日本の掟

DIYを行う前に

事前の確認が大切

工具

DIYという言葉は今や聞きなれた言葉となり、ホームセンターなどでは年々DIY用品を販売するコーナーが拡大されています。
壁紙にステッカーを貼るなどのチョットしたものから、床や壁紙そのものを自分で張りかえるなど、その内容は多岐に渡ります。
最近では、賃貸物件のためのDIY方法も多く紹介されています。
一般的に、賃貸物件では退去の際に原状復帰する必要があります。
中には、例外的に原状復帰を求められない物件もありますがそう多くはありません。
自分の物件が原状復帰の必要があるのかないのかは、DIYをする前にしっかり確認しておく必要があります。
というのも、原状復帰が必要な物件にそれを想定しない工法でDIYをしてしまうと元に戻すのにDIYにかけた費用以上の費用を支払う必要があることもあるからです。
特に、床や壁など既存の構造物に細工をする場合には、どの程度までが許容範囲なのかを把握して作業する必要があります。
場合によっては、自分での原状復帰が困難となり業者に頼まなくてはならない事も考えられます。
大家さんなど、貸主に原状復帰に関する工事を手配してもらうにしろ自分で業者を手配するにしろ多くの出費が掛かってしまいます。
自分で手配するとなると、原状復帰する箇所によって手配する業者が変わってきます。
原状復帰を依頼する業者のうち、一般的なのがリフォームを請け負っている業者です。
ただ、リフォームとは異なり入居時の仕様に戻す必要があり、場合によっては割高になります。
業者に依頼する際にはどの部分の工事が必要なのかをしっかり把握して、工事を依頼する会社を決める必要があります。
そうすることで無駄な支出を抑えることが出来るのです。

見積もりに含まれる内容

作業員

賃貸物件を退去する際に必要になるのが原状復帰です。
原状復帰とは入居した時の状態に戻すことを指しますが、どの程度原状復帰なのかは物件によって異なります。
更に言えば、不動産屋さんや大家さんなどの判断によっても異なります。
とはいえ、多くの人が退去する際に自分たちで原状復帰を行ったり工事の手配をする事はありません。
不動産屋さんなどの貸主に手配を任せて、必要な経費の実が請求されます。
多くの場合原状復帰に必要な経費は入居時にあずかっている敷金から充当され、残りを入居者に返却するという流れになります。
もちろん敷金では足らない場合は、余分に請求されることもあります。
入居時に敷金を預けていない場合は、請求額を退去時に支払う必要があります。
通常では、貸主が工事の手配を行いますが、中には入居者自らこうした業者を手配して原状復帰を行うケースもあります。
工事の前には、当然契約書という形で金額を提示されたうえで契約を結ぶわけですが、原状復帰は既存のクロスや床などを剥がして新たに施工する必要があります。
そうなると場合によっては、工事中に思いがけず工程を変更する必要が出てくるケースもあります。
その際に、高額な費用がかかり結果的に契約時の金額が跳ね上がって請求されるというケースがあるのです。
そうならないためにも、途中で工程が変更された際の金額の負担などの対処方法を契約時に確認しておく必要があります。
施工完了までの流れと金額の増減がどのくらい予測されるのか、施工後の万が一の保証をしっかりと確認して契約する必要があります。

大家が納得できるように

作業員

賃貸住宅を借りた人は、退去時には原状復帰を行わなければなりません。
原状復帰とは、賃貸住宅を借りた時の状態に戻す作業で、これをしっかりと行っておかなければ、退去後に大家から原状復帰費用を請求されることになります。
ところが原状復帰は、個人で行うことは困難となっています。
キッチンの油汚れやバスタブの水垢などは、個人でも除去することが可能です。
しかしこれらに汚れではなく傷がついている場合や、部品が破損している場合などは、原状復帰に専門知識や技術が必要となります。
そのため借主の中には、原状復帰を業者に依頼する人もいます。
もちろん費用はかかりますが、格安料金で施工している業者に依頼すれば、大家から請求される場合と比較すると負担が少なめとなるのです。
ただし業者選びには、十分に注意する必要があります。
というのも業者の手によって賃貸住宅の状態が良くなったとしても、それが大家にとって納得できるものでなければ、原状復帰が完了したとはみなされないからです。
一例として、壁の無地のクロスが汚れたために、業者に美しい模様の入った新しいクロスに張り替えてもらった場合が挙げられます。
これにより部屋は美しく見えるようになりますが、しかし最初の状態とは極端に異なっていることから、大家の多くが簡単には了承しません。
そして借主の費用負担で、元の状態に近づけるための再度の張り替えを行うのです。
そのため原状復帰では、元の状態に戻すノウハウを有している業者を選ぶことが肝心とされているのです。

DIYを行う前に

工具

原状復帰に必要な工事を業者に依頼する際には、工事内容によって選ぶ業者を変える必要があります。たくさんの箇所の作業をする場合には総合リフォーム業者に、部分的な場合には大工やクロス業者のように、専門分野に特化した業者に依頼します。そうすることで、コストパフォーマンスの良い工事を行ってもらえます。

もっと読む

引っ越すときに必要なこと

作業員

不動産における原状復帰とは、住んでいた家を元の状態に戻すことです。場合によっては、原状復帰を自分で行う必要があります。工事完了までの流れは、依頼、確認、見積り、工事の順番です。サービス内容は、一般的な住宅環境であればほとんど対応してくれます。

もっと読む

少しでも費用を抑えるには

リフォーム

不動産屋さんなどが原状復帰を手配する際に、退去者は一方的に金額を提示され、その金額が高いか安いかも判断しにくいものです。こうした問題を避けるために、自分で業者を手配することも出来ます。自分で手配する際には、金額はもちろん、万が一に備えてアフター保証のしっかりしたところに依頼する必要があります。

もっと読む